宇宙からの啓示を受けて絵で伝えている

ナンバーは私が受け取った時間軸である日付を表わす

 

【 0724—神とは光である— 】

カンバス、油彩

727×606mm

2019年に制作

<<戻る

 

作品の一部

<<戻る

 

【0612—羨望を奏でる—】

カンバス、油彩

1167×910mm

2019年に制作

<<戻る

 

【0428—心のカユミ—】

カンバス、油彩

1167×910mm

2019年に制作

<<戻る

 

【1228—とまどい—】

カンバス、油彩

作品の一部

2014年に制作

<<戻る

 

【0404—魂の解放—】

カンバス、油彩

727×606mm

2019年に制作

<<戻る

 

【0603—胸のうち—】

カンバス、油彩

263×363mm

2017年に制作

<<戻る

 

【0819—記憶—】

カンバス、油彩

273×220mm

2019年に制作

<<戻る

 

【1013—日向—】

カンバス、油彩

273×220mm

2019年に制作

<<戻る

 

【0909—自然の注射—】

カンバス、油彩

273×220mm

2019年に制作

<<戻る

 

【0913—神への問い—】

カンバス、油彩

530×530mm

2019年に制作

<<戻る

 

【0917—潮の香り—】

カンバス、アクリル絵具

455×273mm

2019年に制作

<<戻る

 

 

 

魂の霊界

 

【0502—霊界—】

カンバス、油彩

606×606mm

2019年に制作

<<戻る

 

【0521—遠くへ—】

カンバス、油彩

606×606mm

2019年に制作

<<戻る

 

【0530—夏の幻—】

カンバス、油彩

530×530mm

2019年に制作

<<戻る

 

 

 

世界の起源

 

【1208—輪廻転生—】

カンバス、油彩、アクリル絵具

1167×1167mm

2019年に制作

<<戻る

 

【0517—地球—】

カンバス、油彩

530×530mm

2019年に制作

<<戻る

 

【0718—生まれる—】

カンバス、油彩

1167×910mm

2018年に制作

<<戻る

 

【0718—愛でる—】

カンバス、油彩

652×530mm

2018年に制作

<<戻る

 

【0703—人間—】

カンバス、油彩

652×530mm

2019年に制作

<<戻る

 

【0428—感情—】

カンバス、油彩

530×455mm

2010年に制作

<<戻る

 

【1208—漏れる—】

カンバス、油彩

455×380mm

2016年に制作

<<戻る

 

【1113—悲しみよりも美しい—】

カンバス、油彩

455×455mm

2017年に制作

<<戻る

 

 

 

秘宝

 

【0520—片思い—】

カンバス、油彩

530×530mm

2019年に制作

<<戻る

 

【0622—バイオリズム—】

カンバス、油彩

530×530mm

2019年に制作

<<戻る

 

【0826—吸光—】

カンバス、油彩

530×530mm

2019年に制作

<<戻る

 

 

愛の問い

 

【0317—愛の問いⅡ—】

カンバス、油彩

727×606mm

2019年に制作

<<戻る

 

【0327—愛のうねり—】

カンバス、油彩

333×242mm

2017年に制作

<<戻る

 

【0823—愛の怒り—】

カンバス、油彩

1940×1620mm

2019年に制作中

<<戻る

 

【0220—愛の問い Ⅰ —】

カンバス、油彩

1620×1300mm

2014年に制作

<<戻る

 

【0107—恋の問い—】

カンバス、油彩

1620×1300mm

2014年に制作

<<戻る

 

 

 

 

 

愛について考察する機会に恵まれた

堪え切れない欲望やエネルギーが噴出してしまうこともある

眼に見える粒子が放出した姿として描かれるのだろう

湧き出るものを描かなければ生きてゆけないのだ

絵具の積み重なりであったり、盛りや厚みに人生観や感情を込めている

鹿児島県の海や樹木、桜島を見て育った記憶が無意識のうちに絵に現れる

様々な記憶や感情が混ざり合うように湧き出るから、

演じるように絵を描くこともある

それを三次元として彫刻を彫るように再構成していく過程もまた面白い

物の見方、考え方は、多次元にある中で

私なりに中庸をとったり、軸を貫いたり、壊したり、

その絶妙な組み合わせが、私の絵なのだ

絵はひとりでは完成しないのかもしれない

複数人の意識を受け取って、初めて完成するのではないだろうか

私の身体を通ったそのエネルギーを絵に記憶させて

時に歌を歌いながら、筆と絵具で生き様を鑑賞者に伝えていく

それが愛を理解するきっかけになればと願う

その伝達が私の人生の使命であり、その手段としてアートを使いたい

 

Blessed with an opportunity to think about love.

Sometimes unbearable desires and energy erupt.

It will be drawn in the picture as the appearance of visible particles.

I can't live without drawing something that springs up.

The view of life and feelings are put into the pile, thickness and thickness of the paint.

The memories of growing up looking at the sea, trees, and Sakurajima in Kagoshima Prefecture unconsciously appear in the picture

Since various memories and emotions are mixed up,
Sometimes I draw a picture to perform.

The process of reconstructing it into a three-dimensional carving is also interesting.

How to see and think about things is multidimensional.

Take the midline I thought, penetrate the shaft, break,

That exquisite combination is my picture.

The picture may not be completed alone.

Isn't it completed for the first time by receiving the consciousness of multiple people?

Let me remember the energy that passed through my body in the picture.

While singing a song sometimes, I convey the way of life to viewers with a brush and paint.

I hope it will help me understand love.

That communication is my life's mission and I want to use art as a means.

 

 

【メニュー】

トップ

ニュース

展示

作品

お問い合わせ

【作品】

具象

抽象

年表

 

 

 

 

連絡先:連絡はメールにてお願いします。

メールはこちら >>